繁盛店メソッド 店舗集客で成果を上げるローカルマーケティング成功の法則

店舗集客のためのローカルマーケティングガイド無料進呈中

顧客満足度98%|集客232%向上(※)

(※)2021年1月〜6月の弊社の運用中の拠点の集客数および、顧客アンケートの結果になります。

リアル店舗を繁盛店と変貌させるローカルマーケティングとは

飲食店や雑貨店、アパレルショップのみならず、歯科クリニックや不動産、コンビニエンスストア、薬局店、フィットネスジム、美容クリニックなど、人々にとって訪問して購入や役務をうけとる店舗型ビジネスはインターネットビジネスのような日本国内すべてを対象、うまくいけば全世界に商圏を広げたビジネス展開と違い、実際に通える範囲内のお客様に知ってもらい、興味を持ってもらい、来店してもらい、購入してもらうことが重要になります。 限られた範囲内の限られた人数の中で、より多くのお客様に来てもらうためには、集客を戦略的に考え、来店前のお客さまのニーズを把握することが重要となります。 こういった購買への道筋を体系的に戦略立てていくことをローカルマーケティングと呼びます。

ローカルマーケティング2つの手段

ローカルマーケティングにはオフライン集客オンライン集客の2つに大別されます。オフライン集客は店先の看板からのぼり、電信柱の広告から新聞の折込チラシや交通広告、ビルの看板、デジタルサイネージなどがあります。広義の意味ではラジオ広告・テレビCMなどのマス・マーケティングも範囲に含まれる場合があります。 それぞれにメリット・デメリットがありますので紹介します。
オンライン集客
集客の種類
・HP​・SEO・Instagram​・Twitter・オウンドメディア・MEO・LINE・Youtube​​・Facebook・ポータル​サイト・リスティング広告​・TicTok・アプリ
メリット

オンラインによる集客は費用対効果が高い、運用だけの場合無料の場合もある。ターゲットだけに送ることができる。

効果をリアルタイムに計測できる・直ぐにできるなど、インターネットならではのメリットがあります。

一方、デメリットとして、日々の運用が必要(手間が煩雑)・新しい技術の習得・マーケティング知識がある程度必要といった、体系的な戦略を練る必要があり、さらには日々なにか変化をしていかないと集客にはつながらないという日々の運用の煩雑さがあげられます。

オフライン集客
集客の種類
メリット

オフライン集客の大きなメリットは露出が保証されている、生活の中で目に付きやすいということにあります。

特にシニア層についてはオンライン広告に対する信頼が低いため、信頼性の向上も合わせて行えます。

デメリットとして高額であること。費用対効果が低い、効果測定が難しいことがあげられます。オンライン・オフラインに関わらず効果のある集客を行うためにはどうしても一定の品質のものを制作しなければなりませんが、オフラインの場合コレに加えて、高額な広告費がかかります。また一度出したものの修正ができないため、ちょっと変えたいなどができず、一定期間同じ広告を流していくしかありません。

オンライン・オフラインいずれにしても完全にどちらかのみで良い、これだけやれば良いという集客方法はありません。
今回は、オフラインに比べて少し複雑に感じるオンラインの手法についてご紹介します。

オンライン集客で新規客の獲得とリピーターを増やす!

オンライン集客は無料で利用できるツールも豊富な上に、文言などを変更したり、画像を差し替えるといった柔軟な対応が可能で、実際にどのくらいの効果があったかが数値で現れるので、行った施策の効果が理解できます。

反面、日々の地道な運用が重要で毎日どのように運用していくか?というのを考えていくのが本来の主業務を圧迫する場合があります。
また、お客様の声がダイレクトに届くので、対応を間違えてしまうと炎上してしまうリスクもあります。ただ、炎上リスクに関しては自社がオンライン集客を行っていない場合は炎上していても気が付かない場合があり、知らない間に悪評が広がるケースも有るため、炎上を事前に察知し予防するという観点からも、オンライン集客をなにかしら行うことをおすすめします。

オンライン集客は、店舗からお客様に発信していく・顧客とのコミュニケーションをとっていく・顧客が調べる、などお客様とどこで接点を増やしていくかがポイントになります。

オンライン集客の主流はスマートフォンに対する対策になります。パソコンの利用率よりもスマートフォンの利用率が拡大し、より手元で情報を検索し取得するようになった現在、オンライン集客はお客様の行動によりダイレクトに影響するようになりました。

そして、オンライン集客はプラットフォームの移り変わりも早いため、今までのやり方が常に成功するとは限りません。パラダイムシフトを把握し、新しい常識にあわせた集客方法を続けていくことも必要不可欠となります。

スマホの普及が及ぼした影響は、お客様が自分の目的に到達するまでの行動にも現れています。スマートフォンで店舗を検索する場合、以前は「目的 場所」といった検索をしておりましたが、今では「近くの 目的」といった検索をする傾向にあります。

スマートフォンの普及と検索ワード「近くの」の増加動向

また探す方法にも、変化が現れてます。 ここでは業界を抜粋しますが、パソコンで自分の目的を調べる場合には業界特化型のポータルサイトでの検索が独占状態でしたが、今では地図アプリ、特にGoogleマップでの検索が行動を決定する要因となっております。

探す方法の変化

出典:https://effectual.co.jp/2019/06/03/口コミ・レビュー参考サービス徹底調査/

オンライン集客の重要性はスマートフォンアプリの普及や連携できるスマートウォッチなどが一般化されることを考えると、これからも増してくると予測されます。

オンライン集客実績一例

MEO
歯科医院 集客数 830%UP
美容院 集客数 600%UP
飲食店 集客数 900%UP
トレーニングジム 集客数 5500%UP
オウンドメディア
歯科医院 135% お問合せ 135%UP
弁理士 応募者数 2000%UP
保険代理店 お問合せ 500%UP
不動産 お問合せ 550%UP
リスティング広告
消化器病院 検査数 470%UP
弁理士 送客数 200%UP
保険代理店 お問合せ 500%UP
SNS(LINE)
歯科医院 135% お問合せ 135%UP

※集客数はグーグルマイビジネスの反応数にて計測しております。​

弊社オンライン集客施策でも圧倒的な効果が出ました。

今から「すぐ」にできるオンライン集客方法と効果まとめ

各オンライン集客方法について、新規顧客獲得、リピーター育成、拡散性の点で、それぞれ何を得意としているかを簡単に表にまとめました。

それぞれの特徴や集客方法について、より詳しくローカルマーケティング資料に記載しております。
是非お役立てください。

ローカルマーケティング、はじめの一歩はMEOがおすすめ

潤沢な予算がありオンライン集客に人的コストを多く使える店舗であれば、すべてを行うことをおすすめします。しかしながら、すべてを少ないメンバーで効率的に行う場合は予算をどこに振り分けて、誰に担当させるか?ということを考えていくことも重要になります。
基本的には費用対効果が高く、人的コストもかからず、成果を出せる方法から始めていくことになると思います。
全体的な流れとしてはGoogleマップ、アップルマップで新規客を獲得し、LINEで友達となり既存客へのアプローチを繰り返していくことが重要となります。

Googleマップなどの地図アプリのMEOは、まだ店舗を知らないお客様から利用したお客様まで、すべてにアプローチできることがポイント。

まずはGoogleマップの運用から始めることで、お客様との接触ポイントを増やす、顧客の声を集め集客に活用する。LINE登録してくれたお客様へお店からの直接のコミュニケーションをはかる。今から始めるオンライン集客で費用対効果が高く、効果が高いやりかたとして強く推奨します。

インターリンク株式会社では、Googleマップでの集客を含め、HP、SEO、SNS集客などを行っております。
お店の業界により合った集客方法がありますので、たくさんの事例や経験をもとに、あなたのお店にあったローカルマーケティングを提案いたします。

店舗集客のより詳しいローカルマーケティング資料をご希望の方はこちら

資料ご希望の方は、以下のフォームに必要事項をご入力ください。
資料ダウンロードURLをご案内致します。